ナノダックス

色替え・樹脂替えへのご提案

色汚れを未然に防止
高い洗浄力と抜け性の良さを同時に実現

射出成形において、色変えや材料の切り替えは、生産コストや、成形品の品質に大きな影響を与える重要なプロセスです。前材が排出しきれておらず、成形した製品に混入した場合は成形不良となるため、直接生産に関わらないように見えて重要な工程です。

ここでは射出成形における色替えと樹脂替えに対するパージ剤の役割について紹介します。

キャプション
パージ剤で洗浄したはずが、後続樹脂の中に前の樹脂の色がでてきてしまう事例

色替え、樹脂替えに関する射出成形現場の課題

エコマルは特に洗浄力が強く、
色残り色汚れに威力を発揮します。

共材置換 VSパージ材

エコマルは特に洗浄力が強く、色残り色汚れに威力を発揮します。
共材置換 VSパージ材

色替えの際のecomaruの洗浄力評価を行いました。PC(ポリカーボネート)を80トンの射出成形機で黒色から透明への色替えです。使用したecomaruは高洗浄タイプのGWSです。結果として共材置換で残っていた黒色がecomaru使用では見られず、廃棄量も36%削減されました。
検証条件◇ 樹脂種類:PC
◇ 成型機容量:80トン
◇ グレード :GWS
評価内容色替え【黒 ⇒ 透明】

共材置換

置換後成形したところスプルーに黒色発生

共材置換
共材置換

パージ剤ecomaru

色汚れは見られない

パージ剤ecomaru
パージ剤ecomaru

課題解決事例

事例樹脂替え・色替え
検証条件◇ グレード:GWS
◇ 使用樹脂: PP,ABS,POM
実証PPからABS、POMからABSなどの樹脂替え及び、黒、赤、青など着色した樹脂から白色の樹脂に色替えの際にパージしている
評価現行のパージ剤と比べ洗浄力が高く、且つ、抜け性がよい
事例色残り問題改善
検証条件◇ グレード:GWS
◇ 使用樹脂: PA66【黒】
実証【1】GWSで洗浄後、現(他社)パージ剤で再洗浄実施
  →現パージ剤に着色なくきちんとパージ出来ている
【2】現パージ剤で洗浄後、GWSで再洗浄実施
   →GWSに着色発生。良くパージしていることを確認
評価現パージ剤より使用量を減らせる
Scroll to Top