使用用途

用途① マスキング冶具

導入前問題/課題

金型コストがかかっている。
金型製作に時間を要している。
金型使用後の保管や、保管期間対応に苦慮している。 保管場所確保、倉庫代抑制を図りたい。

冶具工程見直し

導入後効果

反り・収縮を抑えられ成形性が良い。
 → 小さなものから大きなもの、薄い造形等、様々な造形への対応が可能。
耐薬品性・耐熱性に優れており使い勝手が良い。溶剤で洗浄後に繰り返し使用出来る。
必要に応じたオンデマンドプリントでコスト抑制を実現。
従来の金型保管から、データ保管によるオンデマンド方式に変更する事で保管場所の問題解消。

用途② ロボット用・航空宇宙用

ドローン羽・ラジコン部品のニーズにも対応

用途③ 石膏に代わる3Dプリンターによるギプス・義肢・装具製作

導入後効果

国立リハビリセンター・他の国立研究機関共同で、国内3D造形義足の標準規格作成に着手(海外)

実用品3D造形で更に可能となること